Nishi's Biography

 

 

 

I have always been into drawing ever since I was little. My Art work is based on Japanese Calligraphy, Ukiyoe Art and Japanese Family Crests. I am also into the seasons, each season in Japan has a vivid difference in color and is reflected in my art. Childhood reminiscences flavors my art.

 

During the creation process, the art talks to me, the most important thing for me to do is to listen to the piece. I closely communicate with my art while I am working. Materials for the art work are also very important. I won't be able to express my imagination without the various materials that I use for the piece.

 

When you see my art work, you can see dynamic brush strokes and the characteristic detail in the work. My intention is to create new wave/style in art merging Painting and Japanese calligraphy.

 

I use various tools and materials, such as Spray paint and Washi-paper, however, most of my work is created using a Japanese brush and Sumi-paint. The work featured above, makes use of a wooden canvas.

 

I like using this canvas for two reasons. Firstly, I like the interchange with the image I have in my head, and the way the grain of the wood acts as a frame, and influences how I put the picture on to the wood. Secondly, I like how the Sumi-paint interacts with the natural imperfections inherent in this medium.

 

Sumi-paint makes you a disciplined artist, as it is unforgiving of errors. Once the individual brush stroke is on the canvas it cannot be undone . One stroke creates it`s own style every time. I like that feeling.


I do not know if there is a finish line in Art. I feel like a runner who is waiting for the starting signal on the start line. When I begin a new piece, I like to start fresh, with a clear mind.

Primarily I create art for myself, though, naturally I would like others to enjoy it too. I want to keep creating art work both for myself and others.

 

 

 

 

私は、幼い頃から絵を描くのが大好きでした。作品には自身の思い出や感動が反映されています。


習字や浮世絵、日本の家紋などは今の私にとって重要なエッセンスです。


目が覚めるように鮮やかな四季折々の日本の自然美は、私の色彩感覚を養ってくれます。

 

私が創作において最も重要だと思っていることは、作品との対話です。

 

創作を始めると、作品が語りかけてきます。私にとってその声に耳を傾けることは、


一番大事なことです。絵を描いているときには、いつも注意深くその声に耳を澄ませています。

 

作品につかう素材も大事な仲間です。実に様々な素材の力を借りることによって、


私の想像力や表現は、初めて世界に像をとることができ、それらは無限に広げられます。

 

例えば、木のキャンバスを好きな理由をあげるならば、その質感や木目の美しさです。


樹木が刻んできた長い歳月に人の力は及びません。記憶のある素材は温度を感じます。


私は、自然とのコラボレーションを楽しんでいるのだと思います。


作品の特徴は、ダイナミックなブラシストロークと細密な描写です。


日本の美しさや伝統、そして革新を感じていただけると信じています。


誤りが許されない墨絵の技法は、自分との戦いです。一筆ごとが勝負であり、二度と同じ線は引けません。


その潔さやブラシストロークの作り出す偶然性に、私は魅了されています。


私は、絵画と書道のそれぞれの技法が融合した新しいスタイルを確立し追求していきたいです。


芸術に、完成というものはあるのでしょうか。


私は、スタートラインで出走を待つアスリートのような気持ちをいつも持っています。


新たな作品に取り組むときには、心を澄ませて無心の状態から始めます。

 

私にとって、創作活動は自分を表現する唯一の手段です。

 

今後も納得のいく最高の作品を作り続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright 2011 NISHI All Rights Reserved.
The contents of this website, including text, graphics and photos, unless otherwise indicated,
are copyrighted by NISHI, and are protected by applicable law.